引き寄せの法則の存在と効果

「引き寄せの法則って本当にあるの?」
とか
「引き寄せの法則ってよく聞くけど、効果あるのかなぁ」
と考えている方も多いと思います。

あなたはどうでしょうか?


引き寄せの法則は本当に存在するのか?わかりやすく説明すると?

結論から言えば、引き寄せの法則はあります。

そもそも、この引き寄せの法則を知らなくても、世の中に生きている人全員に働いている法則なんです。

引き寄せの法則を一言で説明するなら、「類は友を呼ぶ」となります。


あなたの周りの友達を見ればわかりやすいですよ。

自分自身の友人がどんな人か思い浮かべてみてください。
あなたとの共通点も多いのではないでしょうか?

あなたとよく似た人があなたの周りに集まってくるわけですね。

つまり、ネガティブな人にはネガティブな人が集まり、ポジティブな人にはポジティブな人が集まると。


人だけでなく、出来事もそうです。
嫌なこと、不安を感じていることが現実化するのは、そのことばかりを考えているから。

つまり、あることに対して不安や恐怖を抱いていると、また同じようなことが起こる。
怒りを感じていると、怒りたくなるような出来事が頻繁に起こる。

まさに引き寄せているわけです。
ネガティブな方向で、引き寄せの法則を活用している、ってことですね。


普通に生きていればネガティブな考え方になってしまう理由

「でも、引き寄せの法則なんて今まで知らなかったけど…」
と思うかもしれませんが、知ってる知らないは関係ないんですよ。

あなたの感情が、未来に現実化するってだけの話で。


つまり、何もしなくても、引き寄せの法則を使っているわけですが――
何も考えていないと、ネガティブな方向に行きやすい傾向があります。

それは何故かと言えば。
家庭環境やテレビの影響です。

生まれたときから、今までの経験として。
親や友達、学校の先生やクラスメイトなどから、ネガティブなことを言われたり。

成功を妨げる常識を植え付けられた、という理由からですね。


家族から文句を言われたり、バカにされたり。

褒めて育てる、って方針の家庭の方がずっと希少ですよね。

それに、ニュースでは事故だ事件だ災害だ、ってずっと言ってますし。



ただし、世の中の全員がそうだ、というわけではありません。

成功哲学もスピリチュアルも一切学んでないけど、ある程度うまくいっているという人もいます。

でもそういう人は、幼少の頃の環境が良かったんですよ。
小さい頃から勉強ができたり、運動ができたりすると、先生やクラスメイトから褒められます。

すると、自分は凄いんだ!という自己肯定感を持つことができる。


その結果、どうなるか?
いろんなことが上手くいくようになるわけですね。

明るい性格になって、自然とポジティブなことを言ったり実践する。
自分はできると思いこんでいるから、本当にできる。

成功体験が積み上がっていくので、積極的にやりたいことに挑戦できるようになるし。
何度か失敗しても、自己否定しなくなります。


なぜなら、自分はできるとわかっているから。

こうなると、もうプラススパイラルですよね。

自己啓発本を読まなくても、成功哲学やスピリチュアルを学ばなくても、良い人生を歩んでいけます。


今現在ネガティブなことばかり考えてしまう人が成功するために取るべき行動とは?

じゃあ、そういう成功体験を持っていない――

あるいは成功体験はあっても、親から否定される言葉ばかりを投げかけられたりしてネガティブなことばかり考えている人はどうすればいいか?

ポイントは、自己肯定感を高めることです。
つまり、自分で自分を認めてあげるってことですね。


端的に言えば、すべては思い込みなんですよ。

できると思いこんでおけばできるし。
できないと思いこめばできなくなる。

これから嫌なことが起こると思い込めば嫌なことが起こる。
これから素晴らしいことが起こると思えば素晴らしいことが起こる。


引き寄せの法則を良い方向に使いたいなら、ポジティブなことだけを考えろ、ってよく言われる理由がコレです。

良いことだけを考えていれば良いことが起こるし。
自分はできると思いこめば今までできなかったことも出来るようになる。

単純なんですよね。
まぁ、それが難しいわけですが…



簡単に実践できる具体的なやり方を、こちらの記事にまとめておきました。

望みをすぐに叶えたい!と欲張るから、難しく感じられるだけで。

段階を踏んで実践していくなら、難しく考えなくても引き寄せの法則をうまく活用することはできるものです。

「引き寄せの法則を使って人生を変えたい!」と本気で思われる方はどうぞ。

↓↓↓
引き寄せの法則の原理原則と具体的なやり方3ステップ