感謝リスト実践編

感謝リストってよく聞くけど。
具体的には、どう実践すればいいのか?

今あるものに感謝することがポイントです。

欲しいものにフォーカスするのではなく、今あるものに視点を当ててみる。


今あるものに感謝するってどういうこと?

  • 身体、手、足、五感。
  • 空気、水、食べ物。
  • 自宅、自分の部屋、パソコン、スマホ、テレビ。

画面から顔を上げて、周りを見渡してみてください。

何が見えますか?

自宅なら、全部あなたの持ち物ですよね?
外でスマホをしているなら、安全な場所ってことじゃないですか?


欲しいものが色々とあって、不足していることも色々あるでしょう。

でも、持っているものも本当に一杯あるものです。


自分が今持っているものに感謝するということ

だって、住む家がありますよね?
毎日ご飯が食べられて、水も好きな時に好きなだけ飲めますよね?

着るものもたくさんあるし、健康に生きていられるわけでしょ?
両親とか家族とか、友達もいますよね?


お金だって、普段は「ない」と言ってるかもしれませんが、無一文じゃないですよね?
今、手持ちのお金はいくらありますか?貯金はいくらですか?

1,000円あれば、買えるものって結構ありますよね。

そういう「あるもの」にフォーカスして、感謝していると、感謝したくなる出来事が起きます。


だから、今あるものに目を向けてみてください。

で、感謝する。それだけ。
簡単じゃないですか?


ついつい忘れてしまうものですが、感謝できることって探せばいくらでもあります。

時間があるときに、1日2回、朝起きたときと夜寝る前にやるだけで、心持ちが全然変わります。

本当に「ありがたいな~」って思えるようになるんですよ。


すると、人生っていいな、とか世界って優しいな、とか考えられるようになります。

あなたもぜひ実践してみてください。