引き寄せの法則の真実

引き寄せの法則で、最もよく言われるのが…

  • 感謝リストを作って、毎日読め
  • アファメーションを毎日しろ

ってことです。

僕自身、潜在意識について学んでいたときに実践してみましたが――
実は、あまり効果を感じられませんでした。


それは何故か?
今ならわかります。

その原因は…感情が伴っていなかったから。


間違ったやり方ではどんなことも効果なし

確かに、感謝リストやアファメーションは効果がある。

でも、やり方を間違っていては、効果が半減以下になることもあるし。
逆効果になることも十分にあり得るんです。


その間違ったやり方とは――

アファメーションの場合、守らなければいけないルールを守っていない、というもの。

特に重要なポイントを挙げていくと、

  • ポジティブな言葉だけで構成する
  • 否定形を使わない(潜在意識は肯定と否定を区別できない)
  • 一度読んで、スッと頭に入ってくる短い文章にする
  • イメージが思い浮かぶアファメーションに
  • アファメーションを作ったら、朝と夜毎日行なう

となります。



この通りに作るのは大前提。
でも、それだけでは効果を感じられない場合があります。

なぜなら、感情が動かないから。


  • 私はお金持ちです。
  • 私は大切な人に愛されています。
  • 私は幸せです。

これも正しいアファメーションではあるんですよね。

でも、これを読んで具体的なイメージが思い浮かぶか?
感情は動くか?

ってことまで考える必要があるんです。


答えが「NO」なら、このアファメーションでは効果がない可能性が高いです。

まぁ、100%まったく効果がない、とは言いませんが。

上記のアファメーションを、さらにあなたに合ったものに直していく。

つまり、ニヤニヤできるくらい具体的なイメージにできたら。
そのアファメーションはとても高い効果を望めます。



感謝リストの間違ったやり方は?

感謝リストは、日々感謝できることを挙げていくだけのシンプルな方法です。

上に書き出してもいいし、頭に思い浮かべるだけでもいい。

それでも効果が出る出ないが人それぞれで違うのは――
ピンと来るか来ないかの違いです。


たとえば、家があること、いつでもおいしい水が飲めること、美味しいものが食べられること。
そういったことを感謝リストに挙げたとして。

本当に心から感謝できるかどうか?ってことです。

感謝の気持ちが湧いてくると、ありがたいな~ってしみじみ思うものなんですよ。


それが「感謝の波動」になります。

心から感謝していると、感謝したい出来事が引き寄せられてくる。
これが引き寄せの法則なわけですね。

でも、同じことを考えても、別に何とも思わなければ…
感謝の波動が出ないんです。

言葉だけだと、効果は薄い。


つまり、具体的なイメージができるか、そして何より感情が動くか。
この違いが、同じことをして結果を出せる人と出せない人の違いになります。

じゃあ、やってみても感情が動かない、って人はどうすればいいのか?


引き寄せの法則の原理原則と具体的なやり方3ステップ


その解決策が、こちらのブログで提唱する「3ステップ引き寄せの法則」になります。

感情が動かないのは、エネルギーが枯渇しているから。
自分の心地よいことをやり続けて、エネルギッシュになっていくと――自然とできるようになりますよ。