成長

自己啓発本を読むことで、自分を成長させることができます。

内容も具体的なので、日常的に活かすことが可能ですし。

その上、読んだ直後は、感動してやる気が出たり。
やりたくてできなかったことを始めるキッカケにもなります。


しかし・・・
実は、自己啓発本やセミナーには、落とし穴があります。


あなたが自己啓発書を読む理由はなんですか?

そもそも、自己啓発系の書籍を読む目的は、自分を変えたい、成長させたいからですよね。

  • 自分に自信を持ちたい
  • 欠点を直したい
  • 自分を成長させたい

などなど。

要するに、今の自分に価値がないと思っているから、そんな自分をどうにかしたい…

というネガティブな思いから自己啓発を学び始めることが多いと思います。


大抵の人は、そういう想いも多少は持っているものなので。

自分を成長させるために自己啓発を学ぶこと自体はいいんですよ。

人生にうまく取り入れることができれば、人生をより良くすることができるので。


ですが、自己啓発を読み始める動機である「自分には価値がない」という想いの度合いが強すぎると――
中毒になってしまう危険性があります。


自己啓発書の中毒になる人の特徴は?

1つ目の自己啓発本を読む。
んで、実践はしてみるんだけど、なぜか上手くいかない。

そうなると、もっと良い内容の、自分でも使える自己啓発本を求めるようになります。

一時的にモチベーションもUPするし、高揚感が気持ちいいから。


それに何より、自分の人生を変えるための答えがそこにあるんじゃないかと考えてしまいます。

あれこれ買っては読む、の繰り返しになる。
そして、気付いたら自己啓発オタクになっている。

まるで麻薬をしているように、夢中になってしまうわけですね。

でも、この方法ではあなたの幸せは手に入りません。



それは何故かと言えば――
答えは外にあるのではなく、自分の中にあるから。

やりたいことって、全員違うんですよ。

だから、会社に入ってどんどん昇進する人もいれば、起業する人もいるし。
スポーツをやる人もいて、色々な競技のプロになる人もいる。


自分がやりたいと感じたものだけ取り入れる

自己啓発系の本には、やり方は書いてあっても、答えはないわけです。

大体、書いてあることの表現やテクニック自体は違っても、本質的には同じなんですよね。
何冊も読んでいたら、どれも同じようなことを言ってることに気づくと思います。

だから、本は2~3冊も読んだら十分。
あとはそれを活かして、実生活に取り入れていけばいいだけのことです。


それができれば、人生をより良くしていくことが出来ます。
書籍にある内容は、武器でしかないんですよね。

剣を使うか、それとも槍か弓か、という違いはあっても。
それを使うのは自分であることに変わりはないので。


あれこれ本を読みまくるよりは、どれか1冊に絞って何度も読みながら人生に取り入れた方が絶対に役に立ちます。

もちろん、自分に合うものだけを取り入れてください。

その理由としては↓
人の目標や夢は真似してもいい?成功者をマネることが危険な理由


今現在、自己啓発の罠にハマって、自己啓発オタクになっているのでは?と自覚があるのなら、今までに買い集めた本を読み直してみてください。

もちろん、行動することを前提にして。
そちらの方が、得られるものが多いことに気づけると思いますよ。