身体から心へアプローチする方法

  • 胸がワクワクする
  • 腸が煮えくり返る
  • 足がすくむ

とか、身体で感情を表す言葉って多いですよね。

実は、身体と心は密接に結びついています。

普段はまったく意識しないと思いますが…


落ち込んでいる人の姿勢を思い浮かべてみてください。

顔が下を向いて、身体を小さくしますよね?
身体が丸まってしまうのが普通です。

つまり、心の状態に身体が引っ張られるわけですよ。


身体から心へのアプローチ

普段は心→身体ってなるのが普通だけど。

あえて身体→心にアプローチしてみよう、っていうのが今回の提案です。

NLPの技法の1種ですね。


落ち込んだときは、背筋を伸ばして胸を張ってみる。
オードリーの春日をイメージして。

ほかにも、暗い気分になったときとか。
ネガティブな感情を感じたら、身体から心にアプローチするのがおすすめです。

飛び跳ねてみるとか、万歳三唱してみたり。


「ばんざーい!」って言いながら手を振り上げる動作をしてみると、実際には何にもなくても楽しい気分になってきます。

身体の動作に、心が引っ張られるから。


姿勢と表情で感情が変わる

笑顔でいると楽しくなってくる、ってよく聞きませんか?
身体に心が引っ張られているから、そんなことが起きるわけです。

同じように、幸せな姿勢と表情を作れば、気分まで元気になってくる。

元気そうな姿勢や表情をしていると、暗いことは考えられなくなるんです。


この技法、知っておくと役立ちますよ。

気分が暗くなったら胸を張ってみる。
たったこれだけの動作で、気分が上向きになります。

一度試してみてください。