身体の痛みを引き寄せの法則的に解釈する

身体の痛みは、身体からのサインです。
何かをあなたに知らせたくて、その痛みが出ている。

だからまずは、そのサインを素直に受け取ってください。

身体が痛い……
これは何を意味しているんだろう?って。


その痛みをポジティブに受け取って、それから現実的な対処に入っていく。

身体は痛みを発していたんだな、ってことがわかると、スッと痛みは引いていくものです。


身体の痛みは何を意味しているの?

それは例えば、身体が疲れているから休めというサインだったり。

本当は行きたくない会社を休みたいという心からの訴えだったり。

はたまた、過去にばっかり意識が向いていて。
ネガティブなことを考えるのはやめたほうがいいよ、というサインだったりします。


全部自分のため、自分が今より良くなるために起きている。
そう考えれば、身体の痛みにも感謝できます。

もちろん、その痛みがあるときではなく。
解決して、後から思い返した時、ですが。

病は気から、というように、ネガティブな捉え方をしていても意味がありません。

だったら、ポジティブな考え方をしたほうが良くないですか?


身体の痛みや体調の悪さの治し方は?

じゃあ、身体の痛みや体調の悪さはどのように治せばいいのか?

自身の痛みにあわせて、治療薬を利用するなり、病院に行くなりしてください。

ただ――身体の痛みがある、ってことは何かしらの原因があるんですよね。


赤ちゃんのときから…
つまり、生まれたときからのものでない限りは、自分自身の生活習慣が原因である可能性が高い。

だったら、これからの生活習慣を矯正することで、治すことも可能なはず。
原因があるから結果があるわけですからね。

いわゆる原因と結果の法則です。



具体的な治し方は、まずは痛みの原因をネットなり医者などの専門家に聞いて。
その上で、対策方法を試してみる。

もしかしたら、考えられる原因は10種類あるかもしれませんが…
それを1種類ずつ試してみれば、何が原因かがわかってきます。


これは違う、これも違った、ああこれだ、って感じで。
原因と対策がわかれば、あとはそれを実行するだけ。

で、根本的な原因を取り除けば、当然身体の痛みも引いていきます。
というか、二度と同じ悩みを抱えなくて済むようになる。

身体の痛みに悩まされているなら、この考え方で対処してみてください。