引き寄せの法則で勘違いされやすいポイント

引き寄せの法則っていうと、よくポジティブさが重要で。

むしろ常にポジティブでいなきゃいけない、という印象を持つかもしれませんが。

実は、それは勘違いです。


引き寄せの法則に必要なポジティブさとは?

願望を実現するために、イメージは重要になります。
その点で、ポジティブさも必要になりますが。

でも、ネガティブな考えが混じるのも普通のことなんですよね。

考えてみれば、当たり前のこと。
だって、1日中ポジティブな感情で居続けるなんて不可能だから。


感情って揺れ幅があるものなんですよ。
ポジティブでいるときもあれば、ネガティブになるときもある。

それを前提として覚えておいてもらいたいのは――
ポジティブが良くて、ネガティブがいけないというわけではない、ということです。

参考リンク:どうしてもネガティブな気分になってしまうのって悪いこと?ポジティブな方が上手くいくのか?



ネガティブな出来事を無視することで起こる弊害について

むしろ、無理矢理ポジティブ思考でいて、マイナス面を無視する方が問題です。
無意識に感情にフタをしてしまっている状態になるので。

ここを勘違いしてしまうと。

たとえば、イメージだけしていれば、寝ててもお金が入ってくると考えても、何の疑問も抱かなくなります。


普通に考えてみると、おかしいなと気付くんですけどね。
自分のことになると、案外簡単なことにも気付かなくなるものです。

だって、今の状態から寝たとして、お金が入ってくるか?と言うと。
答えはNOになるじゃないですか。

何らかのアプローチが絶対に必要になるんです。


ポジティブに考えることも大切なこと。

でも、それと同じく。
何か問題が発生したら、それに向き合って、行動レベルでしっかり解決していくことも必要です。

ネガティブな面もしっかり考えていく。
その上で、キッチリ対処していきましょう。