マイナス感情を活かす方法

ネガティブな感情――
怒りとかイライラとか、さらに言えば自己否定などは、全て行動の原点になります。

だから、ネガティブ感情は排除するのではなく、利用するようにしてください。


感情を行動エネルギーにして動くために

たとえば、あなたが今、「この状況は嫌だ!」
と自分に怒りを抱いたり焦ったりして、不幸だと感じているのなら。

それを行動エネルギーにして、その嫌な状況を脱するために努力する。

方法は色々とありますよね。


アルバイトに応募するとか、就職活動するとか。
資格の勉強をしてもいいし、副業を始めるってこともできます。

これが「幸運を引き寄せる行動」になります。



引き寄せの法則を使えば万事解決するのか?引き寄せの法則を使った結果得られるものとは?

引き寄せの法則を実践したとしても。
全てが勝手に解決されるわけではありません。

良い気分でいて、あとは寝ていれば仕事が得られる!お金が得られる!
ってことではないんです。


引き寄せの法則を正しく使えば――
たとえば、急にパソコンがしたくなって。

たまたま目に入った広告が、仕事の募集広告だった。

そして、それが自分がやりたかった仕事だった!
ってことはあるかもですが。


でも結局、行動が必要なことは変わりないですよね。
広告が目に入って、それが気になったとしても。

まぁいいや、とか。
面倒くさい…と言って、無視することもできるんですよ。

それで何も行動しなければ、状況はまったく変わりません。



気になったら行動しよう!

だから、焦りや不安を自覚した時点で、何かしらの行動を起こしてください。

そのほうが手っ取り早いんですよ。

気になったら行動する。
それを心がけていたほうが、確実に状況は好転していきます。


行動していれば、幸運を引き寄せることができます。

ネガティブな感情を利用しても、引き寄せの法則は働くということですね。

マイナスな気分になったら、あなたもこのやり方で行動してください。