自分以外の人の考え方を引き寄せる

引き寄せの法則の大前提として。
自分以外の人の意志や思考、感情を操作することはできない、というものがあります。

他人をコントロールすることはできないんですよね。
だって、相手には相手の価値観があるから。

夫にこうなって欲しい、我が子にこうなってほしい、と考えるのは自由だけど。
こうなれ、と念じてもそのとおりになる可能性は低い、ということです。


人を変えたいなら引き寄せの法則ではなく行動からアプローチしよう

それでももし、あなたが人を変えたいと思うなら。
引き寄せの法則を利用するのではなく、行動レベルまで落とした方が早いです。

こういう思考をしてもらいたい!とか。
この考え方は旦那のためになる、子供のためになると思ったら。


そこを目標と定めて。

じゃあそうなってもらうために、どんなふうに話を持っていこうか?
と考えて、話す内容をまとめた方が成功率は高いよね、という話。

もちろん、あなたは提案するだけ。
受け入れるかどうかは相手次第ですが。


でも、無理矢理に命令して考えを変えさせるのは難しいもの。
説得する方が成功率は高くなります。

相手に納得してもらえるよう話すスキルが必要にはなるものの。

よく考えて事前に話す内容をまとめておけるから、事前準備をしっかりやっておけば、望む結果を得られるはずです。



相手の考え方を変えさせるための引き寄せの法則の使い方は?

ここに引き寄せの法則を使うなら。

自分が素晴らしい内容の話をして、相手が感銘を受けているシーンを思い浮かべる――
となります。

ポイントはいつもどおり、想像力ですね。


成功のイメージを鮮明に思い浮かべていると、そのために必要な方法が自然と頭に浮かんできます。

そうしたら、その方法にしたがって、成功プランを形にしていけばいい。
その点で言えば、引き寄せを使うのも悪くないかも?

まぁでも、他人に影響を及ぼしたいなら、主体はあなたの行動になるということは憶えておいてください。