時間は本当に未来から過去に流れているのか?

当たり前の考え方として。
時間は過去から現在、現在から未来へと流れている、と考えられています。

この考え方が普通で、疑問に思ったことがない方も多いハズ。

あなたはどうでしょうか?


時間は未来から過去に流れている、という考え方について

けれど、逆に考えることもできます。

つまり――
時間は未来から過去へと流れている。


どういうことか?と言うと。
未来から現在を見てみよう、ということです。

現時点では、未来がどうなっているかうかがい知ることはできません。

でも当然、現在から過去をさかのぼってみることはできますね?


昨日は何をしていましたか?
1週間前は?1ヶ月前は?

思い出そうとすれば、思い出せることじゃないですか。


じゃあ、未来のある地点――
たとえば10年後から、「現在」という過去を見てみるとすればどうなるか?

もちろん、1種類の過去しかないわけです。

1年前はこうで、2年前はこうで…
10年前はこんなことがあった。


けれど。
過去は決まっているものだけれど、未来は今から決めることができます。

じゃあ、あなたはどんな未来を選びますか?

あなたが今、未来をどうするか――
未来がどうなっているかを明確に決めれば。

その瞬間から、時間は未来から過去へと流れます。



今から未来を決める方法

じゃあ、どうやって未来を決めるか?
と言うと。

1年後はこうなっていて、2年後は、5年後は…
と決めていってください。


自己啓発における「目標設定」のようなものですが。

それと違うところは、目標ではなく未来を決めるということ。

確実にこうなっている、と決めることがポイントです。
そして、それが実現するのは当たり前だと思うこと。


これが、引き寄せの法則における「未来の決め方」になります。


今日は、あなたが理想とする未来を決めてください。

そして、その未来にたどり着くためには、何が必要なのか?
考えてみる。

この作業を丁寧にやっていくことで、あなたが得たい未来を手にすることができるでしょう。